×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


鮮人いろは歌留多


いろはかるた(江戸かるた・上方かるた・鮮人かるた)

い 犬も歩けば棒に当たる  一寸先は闇  インチキ・いかさま・不逞鮮人  

ろ  論より証拠  論語読みの論語知らず ろくでなしの不逞鮮人

は  花より団子  針の穴から天を覗く  ハングルはモンゴル文字のパクリニダ  

に  憎まれっ子世に憚る  二階から目薬  ニダニダとうるさい不逞鮮人、  ニンニク臭いニダ、  贋物ばかりの不逞鮮人  

ほ  骨折り損のくたびれ儲け  仏の顔も三度  仏を盗んで知らん顔の不逞鮮人  

へ  屁をひって尻すぼめる  下手の長談義  変態の多い不逞鮮人  

と  年寄りの冷や水  豆腐に鎹(かすがい)  トンズラの上手い不逞鮮人

ち  塵も積もれば山となる  地獄の沙汰も金次第  地獄に落ちろ不逞鮮人  

り  律義者の子沢山  綸言(りんげん)汗のごとし  淋病やみの不逞鮮人  

ぬ  盗人の昼寝  糠に釘  盗人多し不逞鮮人  

る  瑠璃も玻璃も照らせば光る  類をもって集まる  ルンペンと不逞鮮人  

を  老いては子に従え  鬼も十八  鬼により不気味な不逞鮮人  

わ  破れ鍋に綴じ蓋  笑う門には福来る  わんこを食す不逞鮮人  

か かったいの瘡うらみ  蛙の面に水  姦淫多し不逞鮮人  

よ  葦の髄から天井覗く  夜目遠目笠のうち  黄泉の国の不逞鮮人  

た  旅は道連れ世は情け  立て板に水  たちんぼうの不逞鮮人  

れ  良薬は口に苦し  連木で腹切る  蓮根の穴に不逞鮮人  

そ  総領の甚六  袖すり合うも他生の縁  粗相をする不逞鮮人  

つ  月とすっぽん  月夜に釜を抜かれる  爪に火をともす不逞鮮人  

ね  念には念を  猫に小判  捏造の名人・不逞鮮人、寝込みを襲いカネカネ金庫  

な  泣きっ面に蜂  済す時の閻魔顔、 泣き言ばかりの不逞鮮人  

ら  楽あれば苦あり  来年の事を言えば鬼が笑う  ラリって、踊って、不逞鮮人  

む  無理が通れば道理が引っ込む  昔とった杵柄  無芸大食の不逞鮮人  

う  嘘から出た実  氏より育ち  嘘つきの鮮人  

ゐ  芋の煮えたも御存知ない  鰯の頭も信心から  居丈高に威張る田舎鮮人  

の  喉元過ぎれば熱さを忘れる  鑿と言えば槌  蚤ダニ南京虫の不逞鮮人  

お  鬼に金棒  負うた子に教えられて  おっと危ない不逞鮮人に気をつけよう  

く  臭いものに蓋をする  臭い物に蝿がたかる  臭くてにおう不逞鮮人  

や  安物買いの銭失い  闇夜に鉄砲  焼き肉食べて食中毒の鮮人  

ま  負けるが勝ち  蒔かぬ種は生えぬ  まがいものを作る不逞鮮人  

け  芸は身を助ける  下駄と焼き味噌  げろを吐いた不逞鮮人  

ふ  文はやりたし書く手は持たぬ  武士は食わねど高楊枝  不逞鮮人が井戸に毒  

こ  子は三界の首っ枷  これに懲りよ道才坊  強姦犯人はまた鮮人  

え  得手に帆を揚げ  縁の下の力持ち  郢書燕説が得意の不逞鮮人  

て  亭主の好きな赤烏帽子  寺から里へ  天罰覿面 不逞鮮人  

あ  頭隠して尻隠さず  足元から鳥が立つ   阿鼻叫喚の不逞鮮人、阿呆と言えば不逞鮮人  

さ  三遍回って煙草にしょ  触らぬ神に祟りなし  さいふをすられたまた鮮人か  

き  聞いて極楽見て地獄  鬼神に横道なし  キチガイ不逞鮮人  

ゆ  油断大敵  幽霊の浜風  歪んだ性格の不逞鮮人  

め  目の上の瘤  盲(めくら)の垣覗き  目の上の不逞鮮人  

み  身から出た錆  身は身で通る裸ん坊  耳を覆って鈴を盗む不逞鮮人  

し  知らぬが仏  しわん坊の柿の種  尻ぬぐいの不逞鮮人  

ゑ  縁は異なもの味なもの  縁の下の舞  閻魔に舌を抜かれる不逞鮮人  

ひ  貧乏暇なし  瓢箪から駒  貧相で貧乏な不逞鮮人  

も  門前の小僧習わぬ経を読む  餅は餅屋  問答無用の不逞鮮人  

せ  急いては事を仕損じる せんちで饅頭、梅壇(せんだん)は双葉より芳ばし  鮮人の屁は臭い  

す  粋(すい)は身を食う  雀百まで踊り忘れぬ  墨に染まれば不逞鮮人  

京  京の夢大阪の夢  京に田舎あり  京に蠢く不逞鮮人  

在日鮮人逮捕

犯罪はいつも不逞鮮人

濡れ衣差別といつもの言い訳

TOP

アクセスランキング